日. 2月 25th, 2024

Europe@大阪なんばハッチ

35年以上前に、「The Final Countdown」で大売れしたEurope。今回のツアーはデビュー40周年を記念するものということでした。カメラを構えて車いすスペースを撮ろうと思ったら、「撮影禁止です」と言われたので、写真はなしです。バンドとステージを撮るつもりなんかなかったけど、ここで事を構えてもしょうもない。思い出せる限り絵をかきます。

今回の来日ツアーは東京と大阪のみ、もはや名古屋は飛ばされる対象ではなくなり、名古屋はもともと数の内にも入らないようです。ということで大阪公演に行ってきました。

会場の「なんばハッチ」は湊町リバープレイスという複合施設の中にある大型のライブハウスです。湊町リバープレイスは八角形の建物と言われていますが、ワタクシは全体を見ていないので何とも言えません。ただ尋常ではない形をしているとしか言えません。

目立った外観ですよねぇ。

開場時間少し前に到着。ハッチ前にはすでにおじさん・おばさんメタラーが大挙して押しかけています。そりゃそうだ、前述の「The Final Countdown」は1986年、その時ティーンでも50歳過ぎ、再結成が2003年でその時ティーンでも35歳過ぎ。客の平均年齢は高くもなります。

車いすは特別の通路を通って行くので、他に先んじて案内されます。そして連れてこられたのが、最前列の一番左端。つまり、上手の端の前、スピーカーが並んでいる真ん前です。スピーカー自体は空中に吊り下げられているため、直接真ん前ということはなかったのですが、ウーファーは床に置かれていました。したがってワタクシの正面というか眼前にはウーファーが並んでおり低音が鳴るたびに、特にバスドラが踏まれるたびにワタクシの体は風を感じるという状況です。かといってよけるような空間はなく3時間弱重低音の振動にさらされ続けました。

1階席座席表

車いすスペースからステージを見る(記憶の限りですが)

Europeの来日ツアーですが、名古屋だけで言えば、再結成後には今はなき厚生年金会館、その後、これも今はなき勤労会館、ダイヤモンドホール、ボトムラインそして今回はなしと順調に規模が小さくなっています。バンドがなくなることはないだろうけど、これからどうなるのでしょう。これからのことを考えると、夜も眠れません。(と言って夜ふかしします。)

By guchico