くれよんBOXについて

Introduction of crayon box

くれよんBOXの紹介

くれよんBOXは、障害を持った仲間の「当事者の立場から多くの人達に情報を発信していく活動がしたい」、「みんなが集って楽しめる場がほしい」という思いから、2001年4月より小規模作業所としてスタートしました。2008年からは作業所型地域活動支援センターくれよんBOXとして活動して「情報発信」と「まちの縁側」の二つの目的を持って活動しています。
いろいろな個性(色)を持った仲間(くれよん)がひとつの場所(BOX)に集うという思いを込めて名付けました。
くれよんBOXでは、主にパソコンを使った作業をしています。メンバーは、身体、精神の障害を持った人達で、それぞれの体調に合わせて活動しています。

主な活動内容

  • 作業所型地域活動支援事業(障害者日中活動)

  • ホームページでの情報発信(福祉ニュースの更新・みんなのブログ更新・動画配信等)
  • 印刷デザイン作業(ポストカード、くれよんカレンダーの販売・年賀状印刷等)
  • くれよんカフェ(2004年4月より営業 毎週土曜日 午前11:00~午後5:30)
  • パソコン教室(少人数)
  • くれよんミニギャラリーの運営
  • 季節のイベント(コロナ禍で休止中)

 

沿革

活動実績

作業所型地域活動支援センター 利用登録者募集中

登録には名古屋市民で手帳所持者であることが必要です。利用自体(ただ顔を出すだけ)に、特に要件はありません。

ご希望の方は当法人までご連絡ください。(こちらのお問い合わせ、電話、FAX等で)

就職には全く強くありませんが、外出目的、いわば「ロイター板」的な役割としてご利用ください。