くれよんBOX
いろいろクレヨン

目からウロコの制度情報

重度障害者(児)日常生活用具の給付について

名古屋市では、身体障害児・者、知的障害児・者、精神障害児・者、難病等障害児・者の日常生活の便宜を図るため、その福祉の増進に資するため、日常生活用具を給付する制度を実施しています。

3.在宅療養等支援用具

1

ネブライザー
ネブライザー
給付限度額 36,000円/耐用年数 5年
障害児・者が容易に使用できるもの

原則学齢児以上で1、2のいずれかに該当する方

  1. 呼吸器機能障害3級以上の方
  2. 1と同程度の身体障害児・者(同程度とは身体障害者手帳の単独障害3級以上)
    ※ 同程度であるかの確認のため、申立書、医師の意見書の提出が必要
電気式たん吸引器
電気式たん吸引器
給付限度額 56,400円/耐用年数 5年
障害児・者が容易に使用できるもの

原則学齢児以上で1、2のいずれかに該当する方

  1. 呼吸器機能障害3級以上の方
  2. 1と同程度の身体障害児・者(同程度とは身体障害者手帳の単独障害3級以上)
    ※ 同程度であるかの確認のため、申立書、医師の意見書の提出が必要
パルスオキシメーター
パルスオキシメーター
給付限度額 42,000円/耐用年数 5年
動脈血中の酸素飽和度を測定できるもので、障害児・者又は介護者が容易に使用できるもの

1~6のいずれかに該当する方

  1. 呼吸器機能障害で、在宅酸素療法を行っている方
  2. 心臓機能障害で、在宅酸素療法を行っている方
  3. 1又は2と同程度の障害で在宅酸素療法を行っている方
    ※ 同程度であるかの確認のため、医師の意見書の提出が必要
  4. 呼吸器機能障害で、人工呼吸器を常時使用している方
  5. 心臓機能障害で、人工呼吸器を常時使用している方
  6. 4又は5と同程度の障害で、人工呼吸器を常時使用している方
    ※ 同程度であるかの確認のため、医師の意見書の提出が必要
  • 1~3の方は在宅酸素療法を証明する書類の提出が必要
  • 4~6の方は、人工呼吸器の常時使用を証明する書類の提出が必要
    また名古屋市難病等障害者(児)日常生活用具給付要綱に基づきパルスオキシメーターの給付対象となる方を除く
透析液加温器
透析液加温器
給付限度額 51,500円/耐用年数 5年
透析液を加温し、一定温度に保つもの

原則3歳以上で、腎臓機能障害3級以上の自己連続携行式腹膜灌流法(CAPD)による透析療法を行う方

盲人用音声体温計
盲人用音声体温計
給付限度額 9,000円/耐用年数 5年
視覚障害児・者が容易に使用できるもの

原則学齢児以上で、視覚障害2級以上のみの世帯及びこれに準ずる世帯

盲人用体重計
盲人用体重計
給付限度額 18,000円/耐用年数 5年
視覚障害児・者が容易に使用できるもの

原則学齢児以上で、視覚障害2級以上のみの世帯及びこれに準ずる世帯

酸素ボンベ運搬車
酸素ボンベ運搬車
給付限度額 17,000円/耐用年数 10年
障害者が容易に使用できるもの

18才以上で、医療保険における在宅酸素医療法を行う方
※ 在宅酸素療法を証明する書類の提出が必要

1-訓練支援用具 2-自立生活支援用具 3-在宅療養等支援用具 4-情報・意思疎通支援用具 5-排泄管理支援用具
備考