目からウロコの制度情報

制度情報のくれよん

愛護手帳の申請について

名古屋市の場合  
対象者

知的機能の障害が発達期(おおむね18歳まで)にあらわれ、日常生活に支障が生じているため何らかの援助を必要としている方で

  1. 本市の住民であること
  2. 本市から施設に措置されている者
  3. 本市にて障害者自立支援法に基づく介護給付等の支給決定を受け施設等に入所している者
申請者

本人または保護者

申請手続

次の書類を住所地の区役所福祉課へ提出する

  1. 申請書
  2. 写真1枚(タテ4cm×ヨコ3cmで上半身を写したもの)
届出事項

次の場合は速やかに届出る

  1. 本人または保護者の氏名、住所が変更されたとき
  2. 本人が死亡または市外転出したとき(手帳の返還)
障害程度

児童相談所、知的障害者更生相談所の判定により、障害程度は1度〜4度、療育判定はA、Bがある。(→コチラを参照)なお、この判定は判断能力・責任能力の有無を判定したものではない

判定の更新
年齢等 次期判定
就学前 2年後に行う。
小学生以上18歳未満 3年後に行う。
ただし、「最重度」と判定され、その後も変更が見込まれない場合は5年後に行う。
18歳以上50歳未満 5年後に行う。
ただし、30歳以上で「最重度」または「重度」と判定され、その後も変更が見込まれない場合は次期判定年月を定めない。
50歳以上 次期判定年月を定めない。
重症心身障害児・者 年齢に関わらず5年後に行う。
ただし、20歳以上で「最重度」または「重度」と判定された場合は次期判定年月を定めない。
児童福祉施設入所者 年齢に関わらず5年後に行う。
↑ 前のページ(療育手帳のトップ)へ 次のページ(障害程度について) →