プロフィール

倉知裕子といいます。旧姓は豆原裕子です。 
最近結婚しました。

3才の時から施設に入ってました。幼稚園、学生時代は施設から隣りの学校に通ってました。 高校になってから施設を出て学校の寮に入りました。

高校を卒業して、施設に入りました。3年ちょっと施設にいて、サマリアハウスの下宿屋で一人暮しを始めました。 わだちコンピュータハウスで、少しの間バイトをしていました。それから、福祉用具プラザでお手伝いを始めました。

今は、くれよんBOXに来ています。



くれよんBOXで料理してます。

くれよんBOXでは、フードコーディネーターとして活動しています。料理教室を担当しています。

私の作る料理は、調味料とかきちんと計ってやらないで、いつも目分量でやっているので、人にうまく教える事ができるかわかりません。教室に来て下さった人で、私は「こうやってやっているよ」と教えてもらうこともあると思います。

私は自分ができない事を手伝ってくれる人がいないと料理ができません。料理教室はいつになるかわからないけれど、やりたいと思います。当分は時間がある時は手伝ってくれる人と、お昼ごはんを作りたいと思います。料理も、あんまり難しいのは作れません。いつもワンパターンの料理になってしまいます。新しい料理で、簡単にできる料理があれば、教えてください。

名前だけのフードコーディネーターですけれど、みんなに手伝ってもらい、楽しくできたらいいなと思ってます。

去年の3月からボッチャーというスポーツを始めました。ここでボッチャーの説明を少し書きます。

ボッチャーというのは、白いヂャックボールと、赤と青のボールを使います。個人戦と、チームを組んでやる方法があります。

最初にヂャックボールを投げて、ヂャックボールを投げた人がもう一回ボールを投げます。 それから、相手の人がボールを投げます。それで、ヂャックボールから遠い人からボールを投げます。得点はヂャックボールに近いボールが何個あるかによって、赤か青が勝ったのかを決めます。

手で投げるのが難しい人は、器具を使って投げてもいいです。これがボッチャーです。

2月24日に行われたボッチャーの愛知県大会で銅メダルを獲得しました。

 

戻る