くれよんBOX

2016年2月のニュース

■ 2016年2月29日(月曜日)
共生社会に障害者専用ツアーは要らない−−横浜でユニバーサルツーリズムシンポ (毎日新聞)
高松・通り魔事件から10年/多職種連携、精神障害者支える体制を/香川 (毎日新聞)
神戸フットボール祭、「盲目のストライカー 世界へ」を上映 (sanspo.com)

■ 2016年2月25日(木曜日)
ビル火災、避難にエレベーター=虎ノ門ヒルズで訓練 (時事ドットコム)
ヘルプマーク、京都でも 外に見えないハンディ配慮を (京都新聞)
女性専用車両、男性障害者もOK 行政評価局「周知を」 (朝日新聞)

■ 2016年2月24日(水曜日)
視覚障害者に優しい信号 パネルに軽く触れるだけ… (産経新聞)
2人死亡事故「色覚障害者に見やすい信号だったら…」 (毎日新聞)
義肢や車いすを思考で制御、豪科学者がハイテク機器を人体実験へ (REUTERS)

■ 2016年2月23日(火曜日)
NYのタクシー・ドライバーは車いす仕様のタクシーを135万円で購入可能に! (autoblog)
福岡で“障がい者の音楽コンテスト”地方大会、YABKINGさん本戦へ (スポニチ)
障がい者ダイバー向け指導員養成講座、奄美大島で開催 (CYCLE)

■ 2016年2月22日(月曜日)
電車に轢かれて脚を切断したサラリーマンが、義足で職場復帰した話 (storys.jp)
歩ける装着ロボ、HALが来た リハビリ活用へ開発進む (朝日新聞)

■ 2016年2月18日(木曜日)
障がいの有無に関わらず、フットサルを通じた感動経験を共有したい (Y!ニュース)
障害のある学生、支援強化 4月に障害者差別解消法施行 (北日本新聞)
外国語や手話も対応 明石駅構内に観光案内所復活/兵庫 (神戸新聞)
ワタクシらが行った後になんかできますなぁ

■ 2016年2月17日(水曜日)
気持ち共有し乗船補助 堀川遊覧船船頭バリアフリー研修/島根 (山陰中央新報)
64歳脳性まひ、姫路市拒否 緊急通報の利用に格差/兵庫 (神戸新聞)

■ 2016年2月16日(火曜日)
車いす片手で楽々操作 県東北部工業技術センターなど開発/滋賀 (中日新聞)

■ 2016年2月15日(月曜日)
バリアフリー飲食店マップ作成へ初会合/佐賀 (佐賀新聞)
バリアフリーだけじゃない!「段差」と「手すり」は使いよう (SUUMO ジャーナル)

■ 2016年2月10日(水曜日)
「手助けが必要です」障害者・難病患者用ヘルプカード、県が配布/福岡 (毎日新聞)
視覚障害者にも医師にも複雑すぎる日本の福祉制度 (読売新聞)

■ 2016年2月9日(火曜日)
視覚障害者にメイク術 「自信がつく」 (BBC)
目が不自由でもメイクしたい! 相模原で講座 指で触って美しく (神奈川新聞)
話しながらなぞると文字で表示される技術、三菱電機が開発 (Impress ケータイWatch)

■ 2016年2月8日(月曜日)
四肢切断ドライバーが史上初のエントリー、ル・マン24時間耐久レース (AFP BB News)
シンガポールに見る「ITとバリアフリー」の今 国を挙げての“実験”も (IT Media)
「ユニバーサルデザインの服」発信 専門学校生がファッションショー/福島 (福島民友新聞)

■ 2016年2月4日(木曜日)
「赤字経営で」給付金不正受給の福祉事業所、神戸市が指定取り消し刑事告訴へ (産経WEST)
車いす席は国際基準に準拠東京五輪パラの施設指針 (共同通信)
西陣織法衣をインテリアに 京都、障害者制作 (京都新聞)

■ 2016年2月3日(水曜日)
“バリアバリュー”で世界狙え 障害者だからできる事業とは (WEDGE Infinity)
触れる北斎の波頭 「富嶽三十六景」視覚障害者向け凹凸画 (毎日新聞)

■ 2016年2月2日(火曜日)
トイレ、避難所までの坂道…障害者の災害対応を考える (産経新聞)
完成は25年後? 三田市の「地域版防災マップ」/兵庫 (神戸新聞)
高齢障害者が介護保険に移行した際の負担軽減へ (福祉新聞)

■ 2016年2月1日(月曜日)
「手助け無しで乗りたいのに・・・」車いす利用者が自力で乗降できる駅の数は? (OVO)
視覚障害者に優しい機能満載 八街の会社が携帯時計開発/千葉 (産経新聞)