種子島サンセット車いすマラソンレポート

7月16日(土)に行われた種子島サンセット車いすマラソンに参加しました。
3年前にこのマラソンのパンフレットを初めて見て、出たいと思い、この時から練習を始めました。
家の近所や、スポーツセンターのランニングコース、公園などで練習。
左手のみで手動車いすを動かすので、人一倍練習が必要です。自分で練習出来るコースを見つけるのが大変でした。市民マラソンや出られそうな大会があれば練習を兼ね出場し、少しでもタイムがのびるように頑張って走りました。
種子島サンセット車いすマラソンは、1qトリムと言う枠があり、それは自己申告のタイムにいかに近づけるかで勝敗が決まります。自己申告タイムに一番近いタイムで走った人が1位です。自己申告タイムは20分まで。私は、その20分にしました。スピードアップの練習、体力作りのためにエアロビックス、ボクササイズ、バーベルを使っての運動もやりました。
練習当初は緊張があり思うように走れず、記録がのびませんでした。
あと3〜4分早くなればいいっていうタイムがしばらく続いて、その後、家の近くの公園の上り坂で練習してみたら動かしやすくなり、その上り坂を使っての練習を繰り返しました。上り坂と直線道路でスピードアップ練習を重ねたところ、記録が伸びました。
本番が近くなってきて、楽しみながらも、だんだん緊張してきました。
15日、鹿児島入り。鹿児島空港から鹿児島本港北埠頭までバスで移動。ノンステップバスがなく乗車が大変でした。車いすは、車内には持ち込めず、荷物入れに入れるのですが、荷物がいっぱいで、来たバスには乗れず、次のバスで埠頭へ。空港から埠頭までは1時間。空港で時間をとりすぎ、埠頭には出航時間ぎりぎりに到着。一緒にマラソンに出る人や事務局の人に心配をかけてしまいました。乗船手続きが出航30分前からだったと聞いて、余計に驚きました。知らなかったとは言え、私が乗った船は最終だったので乗れた時はホッとしました。船は、ジェットフォイル「ロケット」。1時間30分で種子島の西之表港に到着。着いた時は、マラソン関係のボランティアさんの出迎え。会場への送迎だけだと思っていたので、全島で歓迎してくれているんだと思い感激しました。6時30分に港到着。まずは、夕ご飯。私の担当のボランティアさんに食事場所等たずねたら、付き合ってくださることになり、一緒に食べに行きました。私は、さしみ定食を食べました。おいしかったです。
16日当日、午前中にコースを下見。昼食を済ませ、マラソンの準備をして、会場に向かいました。受付後にいただいた参加賞の種子島名産芋焼酎のビンに私の名前が刻まれてあるのにびっくり!
受付後スタートまでの間、待っていたら突然の夕立。
レース中、雨がやまなかったらどうしようと思いながらテントで雨宿り。スタートの時にはやんでいました。
スタートして、ゴールまでは、周りの声援を受けながら、自分なりに一生懸命頑張りました。走っている間の緊張は少しだったのでよかったです。折り返しまでは遠く感じなかったのに、折り返したらゴールまでが遠く感じました。ゴールしたときは、とても暑かったです。私の担当のボランティアさんのご両親も見にきてくれました。冷凍したタオルを持ってきてくれ、とても気持ちよかったです。走っている間、夕日が見えなかったのは残念でした。マラソン終了後に表彰式。私が走った1Kmトリムコースは4人。順位は4位でしたが、今まで走った中で、タイムが4分早くなっていました。表彰式後の交流会ではバーベキューを食べ、お酒を飲みながら、ワキワイワイと楽しみました。私は、お酒が飲めないので、バーベキュウをおいしくいただきました。1人話してみたい人がいたのですが、その時は話すことが出来ませんでした。その人は、スタートを待っているときに、女の子達がキャーキャー言いながら、写真を一緒に写していました。なんだろうと思って、聞いて見たら、シドニーパラリンピックで銀メダル、アテネパラリンピックでは銅メダルを獲得した人でした。次の日、乗船場で待っていたら、その話したいと思っていた人と同じ船でした。チャンスだと思い、写真を一緒に写してもらいました。少ししか話しができなかったけれど、うれしかったです。名刺も渡しました。「メールをします」って言ってくれました。帰宅後、出場メンバーの名前が入った写真で確認したら、廣道純さん(http://www.jhiromichi.com/)とわかりました。ホームページで検索したら、プロの選手として活躍していると書いてあり、すごいなぁと思いました。私にとって、とてもいい出会いになりました。競技用車いすと私の乗っている車いすでは、出場するクラスが違うけれど、同じマラソンをやっている仲間として、この縁を大切にしていけたらいいなと思います。今度は2年後に挑戦します!自己申告タイム、ぴったしを目指して、頑張ります!
当日の写真 バックします