くれよんBOX
いろいろクレヨン

ジネンカフェ

ジネンカフェ(拡大版) vol.130のお知らせ

誰もが心安らかに暮らしてゆけるコミュニティの在り方・育み方

~セーフティーネットとしての「まちの縁側」の可能性~

 私たちは、平成19年から障がいのある人もない人も混ざりあい、お互いに理解しながら助けあって生きていける社会をめざし、月に一度多様なる人々が集まって対話をするサロンを展開してきました。それは「こころの縁側」を育んでいく取り組みでもありました。人々が健やかに生きていくには、誰もが心安らかに暮らしていける安心安全な地域づくりが望まれます。しかしながら昨今の子どもや高齢者を取り巻く社会環境を顧みますと、児童虐待や子どもの貧困、独居高齢者の孤独死などの問題が山積しており、その原因の一因として子ども会や町内会の消滅、それらがもたらす子育て世代や独居高齢者、高齢者世帯、障害児・者を抱える家庭の孤立化等々、地域コミュニティの衰退が指摘されています。このような状況にあって、誰もが心安らかに暮らしていける地域としてコミュニティを再生させていくには、どのようなことが必要なのでしょうか? また、子育て世代や高齢者の孤立化を防ぐセーフティーネットとしての「まちの縁側」の可能性について、地元名古屋市中区長者町の地域再生や、長野市の「まちの縁側5000ヶ所運動」など、全国の地域コミュニティ再生に尽力されて来られているNPO法人まちの縁側育くみ隊の代表理事・名畑恵氏から講演をいただいた後、自分たちが住まう地域はどうなのか、参加者のみなさんと語りあうワークショップを展開していきます。

日時:2019年2月24日(日)13:00~16:30

場所:名古屋市総合社会福祉会館7階大会議室 (詳しくは こちら
(名古屋市北区清水四丁目17番1号)
会場地図

イベント

第1部 講演 ”街の縁側”について話を聴こう

トークゲスト

名畑恵氏
NPO法人まちの縁側育くみ隊 代表理事
錦二丁目エリアマネジメント株式会社 代表取締役

愛知県春日井市生まれ。椙山女学園大学生活科学部生活環境学科卒業。愛知産業大学大学院造形学研究科(建築学専攻)修士課程修了、(故)延藤安弘氏に師事。現在NPO法人まちの縁側育くみ隊として中部圏を中心に、「まちの縁側」普及や各地のまち育て活動のサポート等を行う。錦二丁目地区では、地元・行政・学生・専門家等様々な地区内外の人が集まる「錦二丁目まちの会所」の運営や多様な地域活動のサポートを行っている。

第2部 ワールドカフェ ~福祉教育についてとことん語り合おう

ワールドカフェファシリテーター

白川陽一氏(Keramago Works:ケラマーゴ・ワークス)

名古屋市青少年交流プラザをはじめ、若者の成長に関わる多くの場で、対話と学びのファシリテーターを務める。個々の自立や社会参画を育むための、家でも職場でもない第三の居場所(サードプレイス)づくりがテーマ。各種ワークショップの企画やコーディネーターとしても活動する。

西山和寛氏(名城大学都市情報学部)

人と人が繋がり、協働することで地域課題を解決することに関心をもち、他者との「対話」をデザインし促進するファシリテーションについて勉強中。名古屋市青少年交流プラザのユースボランティアとしても活躍。

参加費:1,000円(ドリンク1杯込)
定員:70名

申し込み先・お問い合わせ
まちの縁側育くみ隊 大久保 (mail:jinencafe@yahoo.co.jp  専用アドレス)
くれよんBOX(電話 052-733-5955/FAX 052-733-5956)
こちらからも参加申し込みできます
申し込み締め切り:2018年2月18日

主催・共催
NPO法人まちの縁側育くみ隊/NPO法人くれよんBOX

後援
愛知県、愛知県教育委員会、名古屋市、名古屋市教育委員会
愛知県社会福祉協議会、名古屋市社会福祉協議会、中日新聞社、社会福祉法人中日新聞社会事業団