語録2002

「井上さんのところは奥さんの方が年上なんですか?」
「そうそう、井上くんのところは“かみさん女房”なんだよね」

<姉さん女房です・・・。>

 

「昔流行ったよね、寄せて上げる・・・」
「“ヒップアップ”ブラ」

<それはどこに付けるんでしょうか・・・。>

 

「天才バカボンに出てくるので、なんて言ったかなぁ、あっ思い出した“ネコウナギ”」

<ウナギイヌだって・・・。>

 

「“インド人嘘つかない”って言うけど、知り合いのインド人は嘘ばっかり言う」

<それは「インディアン嘘つかない」です・・・。>

 

「昔みんな購読してたよね、“科学と学研”」

<それを言うなら「学研の“科学と学習”」です・・・。>

 

「馬鹿と天才は“間一髪”って言うよね」

<“紙一重”だって・・・。>

 

「“がそんし”さんですか?珍しいお名前ですね。」
我孫子(あびこ)です・・・。」

<・・・・(汗)。>

 

「加藤さんっていくつだっけ?」
「えっと、28です。」
「えっ?西暦?」

<・・・ん〜理解できない(笑)。>

 

「智ちゃん、討論会で負けないように、毎日“デイベート”の講座に通ってるらしいよ」

<それってディベートでは。毎日→デイ?>

 

「どんな法律にも穴場がある」

<それを言うなら“抜け穴”。>

 

「今日は寒いから“とんちん汁”でも食べたいな。」

<それはけんちん汁?とん汁?>

 

「悩みすぎると寝るまで寝れんで。」

<そりゃそうだ。>

 

「じいさんがはくのはGパン。ばあさんがはいても?」
モンペ

<・・・・。>

 

「義理の妹の旦那ってなんて言うの?」
義理の旦那

<・・・・。>

 

「もう桜が全開だね」

<バリバリっすか。それを言うなら“満開”>

 

「こちらが普通紙を使ったカラーコピーです。」
「へぇ〜、きれいですね。でもこれって“特殊な普通紙”ですよね。」

<・・・・。>

 

「最近“google”ばかりで“goo”ってどこ行ったの?」

<あなたが見てないだけです(汗)。>

 

「“google”って“goo”の進化形?」
「何それ。goo、google、googlestか(笑)」

<・・・・2人とも(汗)。>

 

「藤原さんの彼、刈谷に住んでるらしいよ」
「あれっ、自宅に住んでるって聞いたけど」
「刈谷が実家なんだってば」
「えっ?実家が借り家なの?」 

<普通“借家(しゃくや)”って言うと思う・・>

 

「おっ!このゼリー、ビワが丸ごと入ってる」
「まるっきりビワ。うーんロゴがいい。 」

<必殺ボケ地獄待ち!“まるっきり”ときて“ロゴ”とくるか・・>

 

「白夜の反対はなんと言うか?」
逆夜!!」

<・・・・。(極夜と言うそうです)>

 

「あのお店、フランチャイルズだから経営大変らしいよ」

<それは“子”会社ってことですか?>

 

「あのシリーズ怖いよね、リング・らせん・うずまき

<うずまき違います・・・。>

 

「ケーブルを“丸め込む”」

<・・・・。>

 

「日比野さんもうすぐカミングスーンするらしいよ」

<それはカミングアウト。“もうすぐ”と掛けてる?>

 

「疲れすぎちゃって寝ても立ってもいられない

<・・・・。>

 

『CPUの接触不良』と言う文章を見て一言。
カップの接触不良って何?」

<・・・・。>

 

「あんまり言わないでよ。“極秘シークレット”だから」

<意味が2重・・・・。>

 

「えっ知らないの?“知らざれるフランク・ロイド・ライト”に書いてあったよ」

<“知られざる”です・・・。おしいけど。>

 

2003に続くか!?